COLUMN

2021.04.06

神戸は商店街巡りも楽しい! 灘中央市場のユニークな取り組み

神戸は商店街巡りも楽しい! 灘中央市場のユニークな取り組み

神戸には大小様々な商店街があり、それぞれに個性があり独自の空気感を持っています。今回はその中のひとつ、灘中央市場で始まっている面白い取り組みを紹介します。

市場で畑?

神戸市街地の中心地・三宮から阪急電鉄で大阪方面へ2駅の『王子公園駅』、そこからさらに東へ徒歩約3分。平日の昼間でも賑わう商店街が、水道筋と呼ばれ親しまれている一帯です。

この水道筋と呼ばれるエリアは9つの商店街・市場が繋がっていて、目抜き通りのエルナード水道筋商店街を中心に東西と北に広がっています。その一つひとつに個性があるため、訪れた際はぜひぐるっと巡ってみてください。

そんな水道筋ですが、今回取り上げるのはエルナード水道筋商店街の北側に位置する「灘中央市場」。大正14年に設立され、100年以上に渡って市民の台所として親しまれてきました。

この市場は、生鮮食品を中心とした対面販売の小売店が残っており、商店主同士とても仲がよく、地域の子どもたちをも家族のように温かく受け入れてくれる場所。小学生や中学生が学校帰りに通った際、「ただいま」と叫べば威勢の良い「おかえり」が返ってくる。市場全体が家族でもあり、大きな家のような魅力のある灘中央市場です。

nada_b.jpg

この市場の中ではいま、空き店舗・空き地を活用したさまざまな取り組みが行われています。そのうちのひとつが「いちばたけ」

いちばたけは、地域住民が自由に立ち入れるプランター菜園で、種まきや収穫を通して食育と交流の場を生み出しています。運営しているのは「チームカルタス」の3人。

nada_c.jpg
チームカルタス 左から、丸山公也さん(神戸市職員/農業職)、佐藤直雅さん(神戸市職員/建築職)、坂本友里恵さん(プランナー)。3人それぞれの得意分野を活かしながら個人的な取り組みとして、灘中央市場の空き地活用に取り組んでいる。

いちばたけを始めたきっかけは、灘中央市場周辺で暮らす子育て世代の家族に、まずは市場に来てもらう理由をつくるためでした。最盛期には通路が人で埋め尽くされるほど賑わっていたこの市場も、全国の多くの市場と同じようにいまではシャッターを閉めたままの店舗が目立つ状態。

その原因を探る中で生まれた仮説が、市場に来る理由が少なくなってきているのでは?というものでした。そこで生まれたアイデアが、いちばたけ。空き地を、近所の誰もが気軽に立ち寄って憩える場所にすべく、プランター作りや土運びをワークショップ形式で開催。2019年5月に最初の野菜が植えられました。

いちばたけで野菜が育つ過程を知り、もぎたての野菜の美味しさを知る。そうすると、野菜の美味しさを見極めるプロ「八百屋さん」に聞いてみたいことが増える。おしゃべりする感覚で市場に買い物に来る。そんな循環を生み出す装置として動き始めたこの場所ではこれまでに、収穫した野菜と市場の食べ物をトルティーヤにのせて味わう収穫祭といったイベントも開催され、いまでは地域の子育てサークルなどの市民団体とタイアップした企画も生まれ始めているのだとか。

また、チームカルタスの取り組みは市場内でも理解を得はじめていて、ワークショップをしている際に「うちもこんなふうな若い人に使ってもらえたら嬉しいわ」と市場の店舗オーナーが話しかけてくれたり(この方はその後、「電子工作室」を作りたいという方に店舗を貸した)、冗談で「あそこもこんな風にやりかえたらええんとちゃうか(笑)」という人も増えてきたそう。

nada_d.jpg
灘中央市場内の藤原八百屋店にて
nada_e.jpg
いちばたけ開放 DAY時の収穫の様子

大正14年から続く市場の「これから」の姿を感じられる灘中央市場。いちばたけの他にも、まちなか防災空地*として空き地をイベントスペースに活用する動きが活発で、空き店舗や空き地だった場所が、いちばたけを含めて現在5箇所の広場に生まれ変わりました。

* 災害時の延焼防止や避難場所として機能する空き地。平常時は市民の憩いの場として活用されることが多い。

それぞれの場所で、夏にはビニールプールや線香花火大会で涼んだり、餅つき・ハロウィンといった地域の季節の行事、さらにはDJ機材を持ち込んだBBQなどなど、活用の幅が広がってきています。

nada_f.jpg
地域住民による灘中央市場・防災空地の活用(BBQ)
nada_g.jpg
地域住民による灘中央市場・防災空地の活用(和太鼓演奏)
nada_h.jpg
地域住民による灘中央市場・防災空地の活用(まちなかカフェ)
nada_i.jpg
地域住民が協力して設置した防災空地のイルミネーション

神戸を訪れる際は、ぜひ灘中央市場も散策してみてください。お腹が空いたらここは水道筋。選びきれないほどある飲食店の中から、これは!と感じるお店を探すのも楽しいですよ。

【文・写真】則直建都

兵庫県宝塚市出身、神戸市在住。阪神間で過不足なく暮らすローカル体質人間。サイクリングとロードレース観戦が好き。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

OTHER COLUMNS