fbpx

2023.07.31

神戸をカレーの街に!個性あふれる神戸のカレー店

神戸をカレーの街に!個性あふれる神戸のカレー店

Instagramでじわじわと広がりつつある『#神戸をカレーの街に』というハッシュタグをご存じでしょうか?

「大好きなカレーと神戸。ふたつをかけ合わせ、街を元気にしたい」という想いから発案されたハッシュタグは大きなうねりを起こし、数万以上の投稿数を集めるほどになっています。

この記事では「#神戸をカレーの街に」の中でも反響の大きいカレー店の中から、さらに厳選したカレー店を4件ご紹介します。ぜひお好みのカレー店をみつけてくださいね。

『#神戸をカレーの街に』の仕掛け人「元町 神戸カレー食堂ラージクマール」

kobe-curry

机やイスの配置、材質にまでこだわった店内

JR元町駅から山側へ徒歩5分。トアロード沿いのビル7Fに、2022年8月に移転した「神戸カレー食堂ラージクマール」があります。

エレベーターを降りドアを開けると、パティオから降り注ぐ明るい太陽の光と木の温もりを感じられる空間。

kobe-curry

4種あいがけスペシャルプレート、にんじんのアチャール、紫玉ねぎのピクルス

ラージクマールのカレーは、やさしい味が特徴です。

スパイスを多用しながらも、辛さや刺激をおさえる調理方法。辛いものが苦手な方も食べられるようなマイルドな味わいで、幅広い年代に食べやすいです。

ぜひ味わってほしいのは、4種あいがけプレート。
「3種ナッツの香ばし鶏キーマ」「炙りチーズのこく旨ポークキーマ」「ほっこり出汁のレンズ豆カレー」「週替わりカレー」の全てが食べられます。

4種のあいがけを食べるときは、1種類ずつ味の違いを楽しんでから、混ぜて食べるのがおすすめです。混ぜることで、4種類以上のカレーを食べている気分になれるので、とてもお得感がありますよ。

kobe-curry

週替わりカレーを楽しみに毎週くる方も

kobe-curry

ビルの入口この看板が目印です

「#神戸をカレーの街に」の発起人でもある店主。熱い想いとやさしさをあわせ持つ人柄に、多くのリピーターさんがいるのも納得です。

姉妹店のカフェラジクマリもトアロード沿い。デザートが欲しい方は、食後に少し歩いて、ラジクマリのテリーヌショコラもおすすめですよ。

Information神戸カレー食堂ラージクマール
住所 神戸市中央区下山手通13-13 RINX BLD 7F
営業時間 11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
定休日 月曜日
Instagram https://www.instagram.com/rajikumar_curry/

親子3代で愛される「神戸三宮 カレー屋SAVOY サヴォイ 」

kobe-curry

創業当時のままを守る店構え

各線三宮駅から徒歩3分。センタープラザ地下1Fの飲食店街にある、1988年創業の「SAVOY」

カウンター10席の店内で、ランチタイムには隣の店を超えて行列ができるとのこと。行列ができても回転が早いので案外早く入れるそうです。

平日はランチタイムのみの営業で、カレーが無くなり次第終了となります。

kobe-curry

神戸で30年以上愛されているビーフカレー

SAVOYのカレーは、ビーフカレーのみで30年以上勝負してきた誇りを感じます。

カレーはたっぷりの野菜と牛肉に、16種類のスパイスが織りなす欧風カレー。ターメリックライスを使っているので見た目に華やかさもあります。

野菜の形がなくなるほど煮込んであり、サラサラしたスープ状のカレー。野菜と牛肉の旨みの後から、ピリッとした辛さがくるのが特徴です。

カレーはごはんの量が少なめ、ふつう、大盛りと選べます。大盛りも追加料金なしとなっており、お腹いっぱい食べたい方にも魅力的ですね。

kobe-curry

きゅうり、にんじん、らっきょう、福神漬けのピクルスはセルフサービス

常連の中には毎日通う方や、親子3代で通う方も。神戸で長く愛されてきた、歴史と貫禄を感じますね。

ちなみに店員さんもまかないで、毎日カレーを食べているとのこと。明るく気さくな雰囲気が魅力で、「カレーを毎日食べていると元気になるのかな?」と思わずにはいられません。

kobe-curry

食べログ百名店、カレーWEST百名店と輝かしい受賞歴が並ぶSAVOYのカレーは、なんと自宅でも味わえます。

SAVOYで作ったカレーをそのまま冷蔵にして、姉妹店の茶房ヴォイスや、WEBで販売していますよ。ぜひ自宅でもSAVOYのカレーを、味わってくださいね。

Information神戸三宮カレー屋サヴォイ・SAVOY
住所 神戸市中央区三宮町1-9 センタープラザ東館B1F
営業時間 月曜〜金曜 10:30〜15:30 土日祝 10:30〜19:00
定休日 不定休
Instagram https://instagram.com/kobe_curry_savoy
公式サイト https://savoy.raku-uru.jp/

懐かしいお母さんの味「元町チキンカレー®️のお店パルフェ 県庁前本店」

kobe-curry

白が基調の明るい雰囲気の店構え

神戸市営地下鉄県庁前駅より徒歩1分。生田新道から路地を曲がるとすぐ、カレーとコーヒーの旗が目印の「元町チキンカレー®️のお店パルフェ 県庁前本店」

白と目調の店内は明るく、テーブル席とカウンターがありベビーカーも入れる広さ。家族連れでも、おひとりさまでも気軽に入れる雰囲気です。

kobe-curry

安い早いうまい3拍子揃ったチキンカレー

元町チキンカレー®️のお店パルフェのカレーは、懐かしい味わいです。トマトとチキンをじっくり煮込んだ欧風カレーはシンプルで、昔どこかで食べたようなノスタルジーを感じます。

チキンはから揚げにしてから煮込んであります。口に入れるとほろほろとくずれ、あまりのやわらかさに驚きますよ。

筆者が来店したときは、小学生のお子さんもカレーを食べていました。オーナーの姪っ子さんや甥っ子さんも、お店のチキンカレーが大好きとのことで、子どもでも食べられるマイルドな味付けになっています。

kobe-curry

広い店内は家族連れでも利用しやすい

チキンカレーは元々オーナーのお母さんが経営するショットバーで出していたものを受け継いでおり、長年のファンが多いのもうなずけます。

季節ごとに変わるトッピングも好評です。夏は自家製ラタトゥイユ、秋はきのこのソテー(ガーリックバター醤油)と、趣向をこらしたアイディアで飽きさせない工夫がみられますよ。

kobe-curry

平日限定で元町チキンカレー®︎に合わせて開発されたコーヒーも販売

2004年に創業し安い、早い、美味いの3拍子で確実にファンを増やし県庁前本店以外にも、三宮ベンチャービル店、栄町店と店舗を拡大中。家族でお母さんの味を広げ、守り続けているそうです。

カレーはWEBでも購入でき、セールの際には人気がありすぎて個数制限がでたほど。ぜひ自宅でも食べてくださいね。

Information元町チキンカレー®️のお店パルフェ 県庁前本店
住所 神戸市中央区下山手通4-6-10 成発モリハイツ1F
営業時間 11:30~20:00(19:30ラストオーダー)
電話番号 078-392-0539
定休日 火曜日
Instagram https://instagram.com/kobe_parfait
公式サイト https://www.rakuten.co.jp/curryparfait/

和とカレーの融合の革新派「カレーとアテと酒 スパイスモブ」

JR元町駅から徒歩10分、神戸市バス中山手町バス停の前のビルにある看板が目印。

看板の矢印に沿って三宮方面のバス停からすぐの細い路地に入り、さらに家と家の間の細い通路の奥に店を構える「カレーとアテと酒 スパイスモブ」まるで秘密基地にたどり着いたような、感じがする店構えです。

kobe-curry

看板の矢印をたどっていきます

店内は濃い茶色を基調とした、落ち着いた雰囲気。カウンター席とテーブル席があり、夜はお酒を飲む方がくつろげるようゆったりとした空間になっています。

お昼はInstagramを見て来店する若い方が多く、夜は日本酒好きのお客さんが多いのだそう。

kobe-curry

落ち着いた雰囲気の店内

スパイスモブのカレーは、店長の日本酒好きが高じてカレーに和の要素を入れています。

だし、しょうゆ、みりんと和を全面に押し出し、カレーと融合させているのが特徴です。辛さはマイルドで辛いのが苦手な方にもおすすめ。少なめの量と大盛にも変更が可能です。

カレーは定番のモブチキンと、日替わりカレーが、日によって2種類程度あります。

おすすめは2種のあいがけ。さばを使ったカレーは筆者は初めてでしたが、一口目で「おいしい!この組み合わせもありなんだ」と感動し、スプーンがすすみました。

kobe-curry

左がモブチキン、右が鯖みそキーマカレー。いりこのアチャールが人気。

あいがけカレーは、1種類づつ食べてから混ぜて食べるのがおすすめです。トッピングの「いりこのアチャール」は絶品。カレーの合間に食べてください。噛むほどに口の中に、入りこの味が広がります。

カレーは飲めるくらい、サラッとしています。さらさら系のカレー好きさんに、オススメです。

お店は2022年6月にオープン。老舗が多い神戸の中で、今一番フレッシュで勢いがあるカレー店といえます。

店長ひとりで切り盛りし、仕入れは市場で季節の食材を見て「これとこれを組み合わせると面白いかも」とひらめくそうです。

居酒屋経験と店長さんのアイディアを掛け合わせ、まるでびっくり箱のように想像の上をいくものが出てくるのも魅力のひとつです。

Informationカレーとアテと酒 スパイスモブ
住所 神戸市中央区中山手通3丁目11-6
営業時間 11:30〜15:30(14:30ラストオーダー)
18:00〜22:00(21:00ラストオーダー)
電話番号 078-600-9360
定休日 日曜日+不定休(SNSをご確認ください)
Instagram https://www.instagram.com/spice_mobb
Twitter https://twitter.com/spice_mobb

カレーは誰でも作れる簡単な料理。初めての料理が、カレーという方も多いでしょう。ご紹介した4つの店のカレーは、豊富なスパイスを使い、アイディアをこらしているため一口でさまざまな味が広がりましたよ。「カレーは奥深い料理」とうなることは、間違いなしですよ。

神戸でカレーを食べたあとは、Instagramで「#神戸をカレーの街に」をつけてぜひ投稿してくださいね。

【取材・文】平あかり
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

OTHER COLUMNS

TOP