fbpx

EVENTSイベント一覧

表示順:

1〜30件目/79件中

開催中

神戸市立博物館開館40周年記念特別展「よみがえる川崎美術館 ―川崎正蔵が守り伝えた美への招待―」

2022年10月15日(土) ~2022年12月4日(日)

日本初の私立博物館が、100年ぶりに神戸によみがえります。 明治23年9月6日、神戸市布引の川崎邸(現在のJR新神戸駅周辺)に、日本初の私立美術館「川崎美術館」が開館しました。 創設者は川崎正蔵(1837~1912)。川崎造船所(現川崎重工業株式会社)や神戸新聞社などを創業した、近代日本を代表する実業家です。 明治時代、急速に西洋文化の流入と廃仏棄釈が進むなか、古美術品の海外流出を憂慮した川崎正蔵は、日本・東洋美術を彩る優品を幅広く収集し、一大コレクションを形成しました。そのコレクションを秘蔵することなく、公開することを目的として、日本初の私立美術館「川崎美術館」は誕生します。川崎美術館は、大正13年(1924)の第14回展観(展覧会)まで活動していました。 残念ながら、昭和2年(1927)の金融恐慌をきっかけにコレクションは散逸し、川崎美術館の建物も水害や戦災によって失われてしまいましたが、川崎正蔵が愛した作品は、今なお国内外で大切に守り伝えられています。本展では、珠玉の作品が再び神戸に集い、約100年ぶりによみがえる川崎美術館へと皆さまをご招待します。

エリア:
開催中

白鶴美術館 2022年秋季展「揺ら美」

2022年9月23日(金) ~2022年12月11日(日)

2022年秋季展の展示は本館・新館ともに「揺ら美」。揺れる表現を水と風のカテゴリーで所蔵品をみていきます。 「水」の揺ら美:人びとは水をどのように表してきたのでしょうか。透過する水の性質を、線や色であらわすのは困難です。人びとは様々な表現を駆使しながら水を捉えようとしてきました。その表現には、ひとしずくの水滴の流れを示す雨粒の線や、激流を描く滝の表現など、直線的な要素もみられますが、多くの場合、海・山水の広大な風景に描かれる水流のように、波としての表現が多いようです。今回は、そうした波立つ水を中心に、様々な美術・工芸にみられる表現やその技法をみていきたいと思います。 「風」の揺ら美:「風の揺らぎ」をテーマとする展示では、空を飛翔する雲や天人、香煙などによって特色づけられる金工品や経巻の優美な世界を紹介します。このテーマは、重要文化財「金銅小幡」に象徴されます。はためいて仏堂を荘厳した本作では、たなびく天衣を纏って宙を舞う飛天、伸びやかに波打つ唐草文、そしてそれらを形作る流麗な描線の全てが一体となって、揺らぎの美が放たれています。これらの作品は、古来人々が憧れてきた障碍(しょうげ)のない清らかな場へと導いてくれます。

TOP