神戸で学ぶ震災学習
EARTHQUAKE LEARNING

1995年1月17日、それは神戸にとって忘れることが出来ない日、そして忘れてはならない日。阪神・淡路大震災により、神戸はかつて無い大きな被害を受けると共に、改めて「命の尊さ」や「絆の大切さ」を思い知ることとなりました。今、日本の各地では、地震がいつ、どこで起きるかわからない危機に立たされています。そうした中で神戸では、震災の経験を役立てる様々な活動に取り組んでいます。

震災学習体験
まちを見て、歩いて、実際に生活する人々の口から震災や復興の経験を生の声で聞き、自ら体験・発見することは、展示や映像を見るだけでは得られない、貴重な経験です。 大きな被害を受け、復興を遂げたまちと、そこに暮らす人々のエネルギーを肌で感じとることができます。

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターは、震災の経験と教訓、防災の大切さを未来と世界に伝える防災学習施設です。西館と東館の2館からなっており、震災資料展示や語り部による講話(被災体験談)などから阪神・淡路大震災について学べるほか、液状化等の実験ステージなどからは実践的な防災・減災の知識を身につけることができます。無料で利用いただける資料室では、観覧の事前・事後学習に役立つ資料も用意しています。

詳細はこちら

ふたば学舎(神戸市立地域人材支援センター)

ふたば学舎(神戸市立地域人材支援センター)

1995年1月17日に阪神・淡路大震災が起き、神戸市長田区南西部に位置する二葉小学校は多くの被災者を受け入れる避難所となりました。その二葉小学校を前身とするふたば学舎では、周辺被災地の記憶を中心に、阪神・淡路大震災の記憶と教訓を次世代に伝えるための震災体験学習を実施しています。参加者が震災被災者の想いや経験を「自分事」として捉え、未来の震災への備えにつなげられるよう、避難所体験や語り部体験談など複数のメニューを組み合わせた体感型プログラムを提供いたします。

詳細はこちら

神戸市立こうべまちづくり会館

神戸市立こうべまちづくり会館

1993年11月に住民主体によるまちづくり活動を支援する拠点として開館し、阪神・淡路大震災直後には避難者を受け入れ、復興まちづくりの支援拠点としても機能してきました。その後は「つどい・つたわり・つながる」場として、幅広いまちづくり活動の支援を目指しています。
また「神戸で学ぶ防災学習」を、神戸防災技術者の会(K-TEC)と共同で、被災地の支援活動や防災・減災に関することを学び、阪神・淡路大震災の記憶と教訓を伝える活動として実施しています。

詳細はこちら