fbpx

神戸観光 エリアガイド

  

北野・新神戸

三宮の北側の「北野」エリアには、神戸港開港後やって来た外国人の旧宅が点在する異人館街があり、異国情緒あふれる神戸を代表する観光地となっています。
また、新幹線駅である「新神戸」のすぐ背後には、六甲山系の山すそが広がり、六甲山ハイキングの拠点となっているほか、布引の滝や布引ハーブ園など、気軽に自然に触れることができるスポットが揃っています。

主な異人館 〉 主な観光スポット 〉
主な宿泊施設 〉

北野 の主な異人館

三宮から北側へ坂を登ったところにある北野エリアには、1868年の神戸開港以降、神戸にやって来た外国人が住居を構え、今も明治・大正時代に建てられた洋館が数多く残っています。それぞれ外観や内装に個性がある異人館巡りは、神戸観光のハイライトの一つです。

風見鶏の館

風見鶏の館(旧トーマス住宅)は、明治42年(1909年)頃にドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏の自邸として建てられました。レンガの外壁と尖塔の風見鶏は、北野異人館のシンボルとして人々に愛されています。

萌黄の館

萌黄の館は、明治36年(1903)にアメリカ総領事の邸宅として建築され、昭和55年(1980)に国の重要文化財に指定されました。木造2階建て、下見板張りの異人館で、2つの異なった形のベイ・ウィンドー(張り出し窓)が特徴です。

ラインの館

大正4年(1915年)に建築されたラインの館。木造2階建下見板張りオイルペンキ塗りの建物は、開放されたベランダやベイ・ウィンドなど、明治時代のいわゆる異人館の様式をそのまま受け継いでいます。

うろこの家&展望ギャラリー

神戸で最初に公開された代表的な異人館。ヨーロッパの古城のような外壁を覆う天然石のスレートが魚のうろこに形状が似ていることから、「うろこの家」と呼ばれるようになりました。

英国館

明治42年(1909年)の建築当時そのままに保存されている、コロニアル様式の異人館。2階にはイギリスの名探偵シャーロック・ホームズの部屋が小説に忠実に再現されているほか、四季折々の植物が楽しめるイングリッシュガーデンも見どころです。

洋館長屋

長屋風に二軒の建物が左右対称に配置されたかつての外国人向けのフラットで、下見板張りオイルペンキ塗の外装は、神戸異人館の代表的な建築様式です。館内はフランスをテーマに展示装飾がなされ、アールヌーボー期のガラス工芸品や家具調度品が堪能できます。

山手八番館

15世紀のイギリスのチューダー王朝時代の建築様式を模した外観が特徴的な異人館。ローマ神話の五穀豊穣の神、サターンの彫刻が施された「サターンの椅子」は「願い事が実り叶う椅子」と伝えられており、パワースポットとして人気です。

イタリア館(プラトン装飾美術館)

イタリアを中心としたヨーロッパの18~19世紀の家具調度品、絵画彫刻等が展示されている異人館。各部屋に絵画や美術品が詰まったゴージャスな空間は写真映え抜群で、SNSでも人気のスポットです。

香りの家オランダ館

北野のオランダ坂を登ると、1920年代のノスタルジックな雰囲気のオランダ館が見えてきます。年齢や星座、好きな音楽・花・果物などのデータから自分にあうオリジナル香水が作れます。また、オランダの民族衣装を着て記念撮影体験も。

ウィーン・オーストリアの家

オーストリアが生んだ偉大な音楽家モーツアルトを紹介し、彼が生きた18世紀の生活や風景を再現。作曲に使われたピアノの複製品、直筆の楽譜や手紙などが展示されています。

デンマーク館

バイキング、アンデルセンなどのデンマークの歴史と文化を紹介するミュージアム。8~11世紀に世界の海を巡ったバイキング船の大きな模型の展示や、世界的童話作家アンデルセンの書斎の再現など、見どころもたっぷり。

神戸トリックアート不思議な領事館

異人館では珍しいアミューズメントスポットとして、ヨーロッパでだまし絵として生まれたトリックアートを展示しています。大人から子供まで楽しめる、見て、触って、遊ぶ、全天候型アート館です。

ベンの家

館内は冒険家ベン・アリソン氏のコレクションをイメージした驚きと遊び心いっぱいのインテリアで、北極熊等の動物の剝製や世界からの蝶コレクションは必見です。

北野外国人倶楽部【休館中】

神戸開港当時の社交界の華やかな暮らしを再現した異人館。館内にはブルボン王朝時代の木製暖炉、ルネサンス時代の『グレゴリオ聖歌の楽譜』を展示する音楽室、銅製の鍋や杓が並ぶ薪炭時代のオールドキッチンなど見どころがたくさん。

坂の上の異人館【休館中】

部屋ごとにシックで統一感のある中国モダニズムのインテリアを堪能できます。また中庭の入り口に置かれた一対の狛犬(獅子像)は、その間を歩けば「愛情に恵まれる」といわれるパワースポットとして人気です。

神戸北野美術館【休館中】

「モンマルトルの丘の画家たち ~神戸北野異人館街・パリ市モンマルトル地区 友好交流展~」を開催中。 神戸・北野の歴史資料、日本で初めての国営のオリーブ園についての展示も。

北野・新神戸 の主な観光スポット

神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

約200種の花やハーブが咲き集う日本最大級のハーブ園。テーマの異なる12のガーデンでは、四季折々の様々な花やハーブを楽しむことができます。ロープウェイの窓からは神戸の景色を一望できるほか、「布引の滝」などの名所を眺めることができます。

布引の滝

新神戸駅の山側、生田川中流にかかる滝で。「日本の滝百選」にも選ばれています。「布引の滝」は雄滝おんたき雌滝めんたき夫婦滝めおとだき鼓ヶ滝つつみがだきの4つの滝の総称で、なかでも雄滝は高さ43mの名瀑です。新緑や紅葉の季節には、遊歩道の散策もおすすめ。

竹中大工道具館

日本で唯一の大工道具の専門博物館。約1千点の大工道具のほか、原寸大の唐招提寺金堂の柱と組み物、数寄屋の繊細な仕事が見えるスケルトン茶室など、現代の匠たちの手によって最高の職人技を詰め込んだ特別な模型を展示しています。

北野工房のまち

トアロードに面して建つ「旧北野小学校」のレトロでモダンな校舎を活用したお土産・体験スポット。個性あふれる20ほどの工房では、スイーツや神戸牛・コロッケ、日本酒など神戸ブランドのお買い物のほか、いろいろなクラフト体験も楽しめます。

スペース11 ダルビッシュ ミュージアム

メジャーリーガー ダルビッシュ有選手のミュージアム。迫力のリアルフィギュアや、野球道具やユニフォームなどの展示をはじめ、投手 ダルビッシュ有とバーチャル上で対戦できるゲームなど、さまざまな角度から、ダルビッシュ有の魅力を体感できるスポットです。

ビーナスブリッジ

神戸の市街地から最も近い、定番の夜景観賞スポット。全長約90メートルの8の字の螺旋が美しいループ橋からは、神戸市内が一望できて、手に届きそうな距離に美しい夜景が広がります。デートで行くなら、永遠の愛を誓うカップルが鍵を取り付ける「愛の鍵モニュメント」も要チェック。

海外移住と文化の交流センター

昭和初期から中期にかけて、日本における海外移住の基地として、南米を中心に多くの移住者を海外に送り出した神戸にある、海外移住の歴史と意義を後世に継承するミュージアム。地域の外国人支援や、芸術を通した国際交流活動、アート教室や公開アトリエも実施され、多文化共生の拠点施設として幅広く利用されています。

北野・新神戸 の主な宿泊施設

ANAクラウンプラザホテル神戸

六甲山につながる山の手に位置する、神戸のランドマークホテル。高層階から眺める神戸の絶景を誇るとともに、北野異人館に近く、神戸の魅力をご満喫いただけます。新幹線・神戸市営地下鉄「新神戸駅」に直結、神戸の中心地・三宮へは地下鉄で2分。交通アクセスも良く、ビジネスや観光の拠点として大変便利です。

神戸北野ホテル

美食を愛でる、心豊かなひとときを過ごしていただきたい。そんな思いをコンセプトに生まれた神戸北野ホテル。目に美しく、身体に優しいフランス料理を主役に、フレンチの巨匠から贈られた朝食など、本物の味とおもてなしの心で至福の時間への誘います。朝からタップリと幸せに浸りたい方におすすめです。

ほてるISAGO神戸

六甲布引温泉として誕生した天然温泉をひく旅館。温泉の成分は美人・美肌の湯とも言われる重曹泉です。料亭旅館として、神戸牛や明石海峡の鮮魚を使った会席料理もポイントのひとつ。新神戸駅から徒歩5分の立地の良さも魅力です。

ホテルピエナ神戸

各フロアーごとにテーマカラーが異なっており、宿泊時には希望のカラーのフロアを選ぶことも可能。またアロマライトやネイルカラーセット、ズボンプレッサーなどの無料貸出など充実の設備やアメニティにも注目。北野や中心市街地である三宮までのアクセスも良好です。

グリーンヒルホテル アーバン

新幹線が停車する新神戸駅と、神戸の中心・三ノ宮駅の中間地点に位置する、アクセスにとても便利なホテル。シンプルなプランとリーズナブルな料金設定。コインランドリー常設、コンビニ、スーパーなども徒歩数分で行けるので長期滞在をされる方にも大変便利。

ホテル北野プラザ六甲荘

北野エリア内にあり、異人館やJAZZバー巡りなど、北野界隈の散策にぴったりなホテル。神戸らしい風景とひと時を満喫することができます。1人から利用できるシングルルームから、和室、スイートルームまであるので、様々なシチュエーションで利用可能です。

ピーナッツ ホテル

スヌーピーをテーマにしたデザインホテル。3フロアを「IMAGINE」、「HAPPY」、「LOVE」とそれぞれテーマを設定し、客室は全18室すべて異なるコミックをコンセプトに、PEANUTSの世界観に浸れます。 © 2021 Peanuts

TOP