安心・安全な神戸観光のために、地域一体で感染防止対策に取り組む「神戸観光局モデル」がスタート!

2020年6月19日掲載

神戸観光を安心安全にお楽しみいただけるように、神戸観光局では市内の会員施設とともに、独自の感染防止対策を「神戸観光局モデル」として実施します。

具体的には、観光施設がそれぞれに取り組んでいる感染防止対策を『見える化』し、全国から神戸にお越しいただく皆さまに対して、神戸観光の安全・安心を発信します。
また、施設間の相互交流研修を実施することで、感染症防止対策の情報共有を行い、地域一体で安心安全の環境づくりに取り組んでいきます。

------------------------
「神戸観光局モデル」とは?

(1)感染防止対策取り組み宣言
①神戸観光局がチェックリストを作成
②各観光施設が自社の感染防止対策をチェック
③神戸観光局がチェック内容を反映させた「取り組み宣言書」を発行
④各観光施設に掲示していただく

(2)相互交流研修(7月実施予定)
①研修会の実施‐感染症の専門家(医師や保健師など)を招き、感染症対策について学ぶ座学研修を実施。
②見学会の実施‐会員施設のスタッフがチームを組んで、他施設の取り組み状況を視察(学ぶ)。レポートを作成し会員間での共有を図る。
------------------------

参画施設及び「取り組み宣言書」は下記URLよりご確認いただけます。

神戸では、旅行者の皆さまに安心して神戸観光を楽しんでいただけるよう、地域一丸となって感染症予防対策に取り組んでまいります。


期間6月19日(金)~随時
URLhttps://www.feel-kobe.jp/uploads/ichiran2.pdf
最終更新日2020年6月23日