「第26回神戸ルミナリエ」開催中止のお知らせ

2020年7月17日掲載

「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して 、大震災の起こった平成7年の12月に初めて開催されました。
以来、震災の記憶を後世に語り継ぐとともに神戸の希望を象徴する行事として、多くの皆様に支えられ毎年開催をしてきましたが、第 26 回目となる本年の行事につきましては、神戸ルミナリエ組織委員会 ・実行委員会合同会議において協議した結果、開催の中止が決定されました。

〇開催中止理由

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、以下の理由から来場者の安全・安心を確保することが難しく、開催趣旨の一つである、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂ということも考え合わせると、感染拡大防止を優先すべきとの判断がなされました。

・例年、 神戸ルミナリエには350 万人もの皆様にご来場いただいており、会場はもちろんのこと、元町~三宮にわたる誘導路や交通機関、駅周辺等が大変混雑し、密集・密接状態が発生するため。

・規模の縮小等を行ったとしても、混雑を引き起こすことが予想され、感染防止対策を実施することが極めて難しいため。

・その他、作品の設置にあたるイタリア人職人の日本への入国の可否、今後の感染拡大の状況等が見通せず、作品の制作を発注した後に行事を中止した場合、 多額のキャンセル料が発生するため。

〇代替事業について
三密の回避に配慮しながら、阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂と、来年の神戸ルミナリエの開催への願いを込めた事業の開催について、主催団体内で検討をしています。

URLhttp://kobe-luminarie.jp/
最終更新日2020年7月17日