神戸が舞台&ロケ映画「スパイの妻」のロケ地巡りビデオツアーの販売が開始!

2020年12月28日掲載

第77回ベネチア国際映画祭で神戸市出身の黒沢清監督が、日本人としては17年ぶりに銀獅子賞(監督賞)を受賞されたことでも話題になった映画「スパイの妻」。1940年代の神戸が舞台となり、神戸市内4か所でロケが行われました。
この度、この「スパイの妻」のロケ地となった舞台を訪れるビデオツアーを開催します。普段は公開されていない特別な場所にも潜入し、あの名シーンはここにあった!こうして撮られた!など発見があり、映画をさらに楽しんでいただけます。
お申込みはURLをクリック。

期間2020年12月28日(月)~2021年2月28日(日)
場所オンライン
URLhttps://www.his-j.com/oe/detail/T2/?area=O9&country=JPN&city=HOJ&product=HOJ0005
料金1,000円(税込)
備考本ツアーは、生配信ではなく、録画配信となります。
最終更新日2020年12月24日