女性約30名が観光モデルコースづくりに挑戦!
~オープンデータを活用した女性視点の「べっぴん」観光情報~

2017年4月6日掲載

神戸市では、オープンデータの活用促進のため、産学官連携による新たなオープンデータづくりに取組んでいます。
その取組みのひとつとして、「女性の視点での観光情報オープンデータ」を構築するための、女子学生・女性企業社員・女性神戸市職員を対象にした市民・職員向けデータアカデミー(研修)を開催。オープンデータを活用して「若者に観光で選ばれる」ためのキャッチコピーとモデルコースを女性視点で考えるワークショップを実施しました。
ワークショップで発表された、女性視点の「べっぴん」な観光モデルコースをご紹介いたします。

URLhttp://www.city.kobe.lg.jp/information/opendata/da-beppin.html
最終更新日2017年4月6日