アート・現代建築に触れるおしゃれな街めぐり

兵庫県立美術館から神戸市立王子動物園までの南北約1.2kmの道、通称「ミュージアムロード」。
横尾忠則現代美術館・兵庫県立原田の森ギャラリー・BBプラザ美術館など多くの文化施設が集まり、たくさんのパブリックアートがまちの風景となっています。
ミュージアム巡りの後は三宮に戻り、都心の真ん中で緑に囲まれながら落ち着いたカフェで一息。その日みた素敵な作品を思い返し、アートな世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

エリア:
所要時間:
  • 6時間

六甲ライナー「マリンパーク駅」

徒歩【7分】

神戸ファッション美術館

ファッションを(衣食住遊)をテーマにした日本初の公立美術館として1997年にオープン。
ロココから現代までの服飾史を彩る収蔵品からなる「コレクション展」と多彩なアートを紹介する「特別展」を随時開催しています。
約40,000点の蔵書があるライブラリー(無料)もおすすめです。

六甲ライナー「マリンパーク駅」→「住吉駅」→JR「住吉駅」→「灘駅」【25分】→徒歩【11分】

原田の森ギャラリー

原田の森ギャラリーは、2002年4月に兵庫県立美術館がHAT神戸に開館されたことにより、旧・兵庫県立近代美術館を活用し、その分館という位置づけで、同年10月に貸しギャラリーとしてオープンしました。建築は、我が国を代表する建築家の村野藤吾の作品でもあり、また、この地はかつて「原田の森」と呼ばれており、大正末期には新進の芸術家たちが新興美術運動を巻き起こした場所でした。このような歴史的背景を踏まえ、当館は全国の都道府県立のギャラリーとしては日本最大級の展示面積を誇る造形芸術の拠点として、多くの方々に利用していただいています。

徒歩【1分】

横尾忠則現代美術館

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則からの寄贈・寄託作品を適切な環境で保管し、多くの人に鑑賞していただくため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館いたしました。
収蔵品を中心に様々な企画展を開催しています。

徒歩【11分】

BBプラザ美術館

「暮らしの中にアートを」をテーマに2009年に開館。日本を代表する近・現代の日本画家や洋画家をはじめ、フランス近代の巨匠たちによる絵画や版画、彫刻作品の他、主に関西の美術家たちの造形作品などを収蔵しており、コレクション展や、神戸を中心とした地元ゆかりの作家を紹介する企画展を開催しています。

徒歩【7分】

兵庫県立美術館

建築家・安藤忠雄氏の設計により、阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして2002年に開館した、日本最大級の美術館です。
話題性に富んだ国内外の作品を展示する特別展はもちろん、兵庫ゆかりの作家を中心とした所蔵品も展示。入場無料のAndo Galleryでは、安藤氏の建築プロジェクトを常設展示しています。
館の南側は運河とハーバーウォーク、北側は神戸の山々を望む開放的な景観。エントランス、回廊、円形テラスなど、どこにいても多彩な表情が見える美術館。館内外のオブジェや彫刻にもご注目ください。

徒歩【5分】

なぎさ公園

兵庫県立美術館のすぐそばにあるHAT神戸なぎさ公園。ハーバーウォークとしてプロムナードが整備されており、ウォーキングやジョギングにピッタリ。
また、公園内にはアート作品があり、名和晃平氏の作品「Ether (family)」は、高さ約4メートルの彫刻作品で、水と重力が生命力につながっていることを表しています。また、三沢厚彦氏の「Animal 2021-01-B (KOBE Bear)」は、高さ約3.5メートル、原寸大のブロンズ製クマの彫刻作品です。いずれも必見!!

徒歩→JR「灘駅」→「三ノ宮駅」【3分】→徒歩【5分】

TOOTH TOOTH GARDEN RESTAURANT

神戸国際会館11階のそらガーデンを囲む「TOOTH TOOTH GARDEN RESTAURANT 」では 、樹齢およそ500年のオリーブのシンボルツリーや素晴らしい庭園を眺めながらパスタを中心に、神戸で育まれた美味しいものへの感性、「神戸キュイジーヌ」をお届けします。

一覧に戻る

TOP