企画展「加藤文太郎の追憶-孤高の岳人は手帳に何を記したのか」

エリア:六甲山・摩耶山

兵庫県浜坂(現新温泉町)出身の加藤文太郎は、登山が一部の裕福な人々の楽しみであった時代に、独自のスタイルにより一人で山に登り続け、社会人登山家の先駆けとなりました。須磨から宝塚までの六甲全山や但馬の山々を一人で縦走し、槍ヶ岳など日本アルプスの名山を冬季単独登頂した彼は、「単独登攀の加藤」「不死身の加藤」と呼ばれるようになりましたが、昭和11年、槍ヶ岳北鎌尾根で猛吹雪のため遭難、帰らぬ人となります。この度の企画展では、加藤文太郎が遺した登山手帳の内容を公開し、登山家・加藤文太郎の足跡を振り返ります。また、貴重な写真や資料を紹介した2018年企画展「六甲全山縦走の先人~加藤文太郎の追憶」のパネルや彼をモデルに描かれた小説・マンガなども併せて展示します。

開催日時 2019年12月6日(金)~2020年1月19日(日)10:00~15:00
開催場所兵庫県立六甲山ビジターセンター
住所神戸市灘区六甲山町北六甲
URL https://rokkosan.center/
申込方法事前の申込不要
イベント内容問い合わせ先兵庫県立六甲山ビジターセンター
電話番号078-891-0616
交通アクセス詳しくはHPで
最終更新日2019年12月5日

Google Maps

周辺のイベント