〈ICOM京都大会開催記念〉特別展「集めた!日本の前衛ー山村德太郎の眼 山村コレクション展」

エリア:灘・東灘

「山村コレクション」とは、兵庫県西宮市に在住していた企業家、山村德太郎(1926-1986)が収集した戦後日本の前衛美術の作品群です。山村の没後、兵庫県立近代美術館(当時)へ68作家167点が一括収蔵され、現在も兵庫県立美術館の現代美術コレクションの核となっています。将来的に公共の財産となることを念頭に集められた作品群は、個人の収集品とは思えぬ大きさと質を備えており、個々の作品は兵庫県立美術館ほか国内外で度々展示される一方で、まとめて紹介される機会は限られてきました。このたびの展覧会では、企画展示室に加え別棟のギャラリーも会場に、約20年ぶり、かつ過去最大規模の出品点数により、「山村コレクション」の全体像を紹介します。

開催日時 2019年8月3日(土)~2019年9月29日(日)10:00~18:00
開催場所兵庫県立美術館
住所神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
URL https://www.artm.pref.hyogo.jp/
料金一般1,300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料
交通アクセス詳しくはHPで
最終更新日2019年6月28日

Google Maps

周辺のイベント