特別展「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション」

エリア:灘・東灘

石膏ボードを中心とした建築資材で知られる吉野石膏株式会社は、社内の創造的環境づくりを目的に、1970年代から日本近代絵画、1980年代後半からはフランス近代絵画の収集を開始しました。1991年、創業の地、山形県の山形美術館に作品を寄託し、モネ、ピサロ、ルノワール、シャガールらの作品を公開すると、市民の大きな反響を呼びました。2008年には、美術活動へのさらなる貢献を目的に、吉野石膏美術振興財団を設立、若手芸術家の育成や美術における国際交流の支援などにも力を注いでいます。収集の歴史は比較的新しいものの、今や日本ならびに西洋近代美術の名品を多数所蔵し、質量ともに充実した国内有数のコレクションとなっています。同展では、19世紀半ばのバルビゾン派にはじまり、印象派を経て、キュビスムから抽象絵画へと至るモダン・アートの展開を軸に、エコール・ド・パリの多様性にも着目しつつ、大きく揺れ動く近代美術の歴史を72点の作品によってご紹介します。

開催日時 2019年6月1日(土)~2019年7月21日(日)10:00~18:00
開催場所兵庫県立美術館
住所神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
URL https://www.artm.pref.hyogo.jp/
料金一般1,300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料
交通アクセス詳しくはHPで
最終更新日2019年5月10日

Google Maps

周辺のイベント