伝説の霊獣 龍と鳳凰

エリア:灘・東灘

龍と鳳凰はともに、伝説上の霊獣・神獣です。龍は、水中ないし地中にすみ、その鳴き声は雷雲や嵐を呼び、水を制する力を持ち、縁起の良い幸運の象徴として、中国では皇帝の象徴とされました。一方、鳳凰は、梧桐にすみ、竹の実を食べ、理想的な君主が出現した際に出現するといわれる瑞烏で、聖者・皇帝を表すものとされました。これらは瑞祥・吉祥のシンボルともされ、東アジア全域で様々な美術品のモチーフに取り入れられてきました。本展では、当館のコレクションを形成した村山龍平の収集品の中から、龍と鳳凰を表現した作品を通して、作品に込められた意味や表現の多様性を紹介します。

開催日時 2020年3月20日(金)~2020年5月6日(水)10:00~17:00
開催場所香雪美術館
住所神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1
URL https://www.kosetsu-museum.or.jp/mikage/
料金一般700円、大高生450円、中学生以下無料
申込方法事前の申込不要
イベント内容問い合わせ先香雪美術館
電話番号078-841-0652
交通アクセス詳しくはHPで
最終更新日2020年3月9日

Google Maps

周辺のイベント