宮野鉄之助 -玉鋼を鍛えた鋸鍛冶-

エリア:北野・新神戸

兵庫県三木市の鋸鍛冶(のこぎりかじ)、二代目宮野鉄之助(1901~96)は玉鋼(たまはがね)を使って鋸を作ることができた数少ない鋸鍛冶の一人でした。玉鋼とは、日本古来のたたら製鉄で精錬された鋼です。江戸時代の鋼は全て玉鋼でしたが、輸入鋼材の普及にともない、明治以降は次第に使われなくなっていきました。しかし刀鍛冶の家系に生まれた鉄之助は、戦後も玉鋼を使った鋸を作り続けます。そこには刀匠の技術に裏打ちされた、鋼を自在にあやつる匠の技がありました。本企画展ではその技術と作品の数々とを紹介します。

開催日時 2020年10月10日(土)~2020年12月13日(日)09:30~12:00
2020年10月10日(土)~2020年12月13日(日)13:00~16:00
開催場所竹中大工道具館1Fホール
住所神戸市中央区熊内町7-5-1
URL https://www.dougukan.jp/special_exhibition/tetsunosuke
料金一般500円 大高生300円 中学生以下無料 65歳以上の方200円(常設展観覧料を含む)
申込方法事前の申込不要
イベント内容問い合わせ先竹中大工道具館
電話番号078-242-0216
交通アクセス詳しくはHPで
最終更新日2020年10月6日

Google Maps

周辺のイベント