武家と茶の湯

エリア:灘・東灘

鎌倉時代以後、将軍家や大名などの武家は、はるばる大陸からもたらされた茶器や美術品を、「唐物」と称して珍重しました。また、桃山時代から江戸時代初期にかけて、わび茶の形成に大きく貢献した千利休(一五二二‐九一)に続き、古田織部(一五四三‐一六一五)や小堀遠州(一五七九-一六四七)らの大名が茶人として活躍し、茶の湯の新たな潮流を作り出していきました。江戸時代には、茶の湯は武家にとって必須の教養となり、松平不昧(一七五一‐一八一八)など、茶の湯に深く傾倒した大名は少なくありません。本展では、香雪美術館所蔵の村山コレクションから、武家に縁のある茶の湯の道具約60点を紹介します。休館日:月曜日、11/5(火)※但し11/4(月・振替休日)、11/25(月)は開館。

開催日時 2019年10月26日(土)~2019年12月20日(金)10:00~17:00
開催場所香雪美術館
住所神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1
URL http://www.kosetsu-museum.or.jp/mikage/
料金一般700円、大高生450円、中学生以下無料
申込方法事前の申込不要
イベント内容問い合わせ先香雪美術館
電話番号078-841-0652
交通アクセス詳しくはHPで
最終更新日2019年10月4日

Google Maps

周辺のイベント