企画展「北斎が描いた舟」

エリア:メリケンパーク

日本を代表する世界の浮世絵師「葛飾北斎」は約70年間の画業で、数多くの作品を残しています。その中で船を描いた作品も多く、市場に鮮魚や野菜を運搬する船の様子や、荒波の海で漁師たちが奮闘する船の様子などが描かれています。当時の生活で欠かすことのできない存在であった和船(模型・資料約5点)と、当時神戸にあった「船たで場(ふなたでば)」を再現したジオラマ、葛飾北斎が船を描いたとされる同時代に活躍していた和船、または同種の当館収蔵品和船を紹介します。神戸の港は「兵庫津」の名で呼ばれ、朝鮮半島や大陸との交易の拠点、国内の海上交通の要衝として、港は絶えず利用されていました。開港前から神戸港開港までの歴史もご紹介致します。

開催日時 2021年1月19日(火)~2021年2月14日(日)10:00~18:00
開催場所神戸海洋博物館 1階企画コーナー
住所神戸市中央区波止場町2-2
URL http://www.kobe-maritime-museum.com/news/581/
料金入館料のみ(大人900円 小人400円)
申込方法事前の申込不要
イベント内容問い合わせ先神戸海洋博物館
電話番号078-327-8983
交通アクセス詳しくはHPで
最終更新日2021年1月8日

Google Maps

周辺のイベント