fbpx

「神戸発掘映画祭2022」神戸映画資料館

エリア:

「映画の発掘」とは何を意味するでしょうか?

映画資料館の収蔵庫、家庭の押し入れや蔵、はたまた古物商の店頭に、確かに存在しているフィルムたち。

その存在に気づき、そこに写っているものを見て、その価値を様々な視点から検証し再発見すること、それらすべてを「発掘」ととらえた映画祭です。


持ち寄りフィルム上映に加えて、ホームムービーの映像を活用したドキュメンタリー作品などを、5日間にわたって上映します。

プログラムの詳細及び上映スケジュールについては、下記URLリンク先をご確認ください。

イベントの概要

開催日時
10月15日(土)~16日(日)、10月21日(金)〜23日(日)
開催場所

神戸映画資料館
神戸市長田区腕塚町5丁目5番1-201アスタくにづか1番館北棟2階

JR新長田駅より南へ徒歩約5分

料金
一般:1,400円
シニア(65歳以上):1,200円
ユース(25歳以下):800円
会員(神戸映画資料館):1,000円
申込方法
メールと電話による予約受付
予約で満席でなければ当日券あり
問合わせ先
神戸映像アーカイブ実行委員会(神戸映画資料館内)
電話番号
078-754-8039
Email等
[email protected]
URL
https://kobe-eiga.net/kdff/kdff_2022/

開催日が近いイベント

周辺の観光スポット

兵庫県立 兵庫津ミュージアム

兵庫県はじまりの地“兵庫津”にある県立兵庫津ミュージアムは、「ひょうごはじまり感」と「初代県庁館」の2館からなる施設です。 兵庫津の歴史や兵庫県の成り立ち、県を構成する5つの地域「ひょうご五国」の魅力を多彩な映像や体験型のコンテンツなど様々な手法を使って配信!従来の博物館とはひと味違う“ハミデル 博物館”です。 「初代県庁館」とは、初代県庁舎を復元した施設です。 初代県知事・伊藤博文の執務室や仮牢、庭園などを再現。 兵庫県はじまりの時を目撃できる「バーチャルVisit!」などリアルと映像両面からタイムスリップした気分が味わえます。 「ひょうごはじまり館」とは、“見て・聞いて・触る”をコンセプトに、グラフィックや映像によって歴史のストーリーや面白さをわかりやすく伝える施設です。千年以上続いた「兵庫津」、独自の過程を辿った兵庫県成立の歴史、変化・多様性に富む「ひょうご五国」の魅力に出会えます。 【バリアフリー対応】 ・兵庫津ミュージアムでは、ベビーカー・車椅子の貸出しを行っております。ご利用の際は受付にお申しつけください。 ・お身体が不自由な方が利用される車に限り、駐車場スペースをご利用いただけます。ご利用の際は事前に兵庫県立兵庫津ミュージアム(TEL078-651-1868)までご連絡ください。 ・盲導犬、介助犬、聴導犬を伴ってのご入館が可能です。

TOP