fbpx

小磯記念美術館 コレクション企画展示「没後20年 関口俊悟の親密世界」/ 小磯良平作品選Ⅰ/ 新聞連載小説挿絵原画展『適齢期』(六)【 白川渥 ・著】

エリア:

関口俊吾は、明治44(1911)年1月1日に神戸市熊内町に誕生し、令和3(2021)年に生誕110年を迎えた神戸市出身の画家です。10歳の年に須磨の離宮前町に転居し、このころ流行していたクレヨンで直接対象を写生したことで、絵を描くことの楽しさに目覚めます。

その後、京都日仏学館のアカデミー鹿子木で鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)に師事し、24歳でフランス国政府の招聘留学生として渡仏、翌年、パリ国立高等美術学校に入学してヨーロッパのアカデミックな技法を修得しました。

第二次世界大戦中は日本に帰国し、小磯良平らが創立した新制作派協会に参加します。東京国立近代美術館における初めての大規模な外国人作家の個展(「ビュッフェ-その芸術の全貌」)の開催を斡旋、また、インドシナの画家たちの案内役をつとめ、神戸市とマルセイユ市が姉妹都市提携を結ぶにあたり尽力するなど、日本と外国の交流にも携わりました。

昭和26(1951)年に再渡仏してからは、パリのアトリエを拠点として約半世紀にわたり制作を続けていましたが、平成14(2002)年に91歳でなくなります。油彩21点、水彩および素描33点、計54点を紹介します。

〈同時開催〉「小磯良平作品選Ⅰ」「新聞連載小説挿絵原画展『適齢期』(六)【 白川渥 ・著】 」

イベントの概要

開催日時
3月19日(土)~5月29日(日)
10:00~17:00(入館の受付は16:30まで)
開催場所

神戸市立小磯記念美術館
神戸市東灘区向洋町中5丁目7

料金
一般200円 大学生100円
問合わせ先
神戸市立小磯記念美術館
電話番号
078-857-5880
URL
https://www.city.kobe.lg.jp/kanko/bunka/bunkashisetsu/koisogallery/

開催日が近いイベント

周辺の観光スポット

TOP