南京町ランターンフェア

エリア:

南京町広場を中心に400個以上の中国提灯を吊るし、毎年開催している「南京町ランターンフェア」。クリスマスとは一味違うあたたかな光は、華やかで幻想的な中国情緒を演出します。

期間の前半は、中止になった「神戸ルミナリエ」の代替えイベントである「ロソーネまちなかミュージアム」の会場の一つとして南京町広場にロソーネを展示し、後半は広場のあづまや内に小財神「財財・來來」のバルーン人形を展示します。

※なお、今年は初日の点灯式等のセレモニーは実施いたしません。
※天候および社会情勢の変化等により内容に中止や変更が出る場合があります。

イベントの概要

開催日時
2021年12月3日(金)~2022年1月10日(月・祝)
点灯時間: 16:00頃(日没後)~22:00頃

・12/3(金)~12(日)
「ロソーネまちなかミュージアム」の会場としてロソーネ展示

・12/13(月)~1/10(月・祝)
あづまや内に小財神(右写真)のバルーン人形を展示

・12/18(土)、19(日) 16:00頃~20:00頃
FM MOOVのDJ MIKA氏による街角ライブを予定
開催場所

南京町広場および南京町一帯
神戸市中央区栄町通1丁目3−18

問合わせ先
南京町商店街振興組合 事務局
電話番号
078-332-2896(平日 11:00 〜 16:00)
URL
https://www.nankinmachi.or.jp/

開催日が近いイベント

周辺の観光スポット

神戸パールミュージアム

【神戸パールミュージアム】 日本で発明された真珠養殖100年の歩みとともに、神戸と真珠の歴史、真珠の種類やアコヤ真珠ができるまでを模型や実物で展示し、「真珠」と「真珠の街・神戸」を分かりやすく紹介している。 また、1万粒の幻想的な輝き「パールツリー」や復興の鐘「ペルラ・ヴィータ」などの真珠を使った作品は見ごたえがあり、登録文化財となった建物もレトロでモダンな建築としても一見の価値がある。 館内には真珠製品やポストカードの販売コーナー、一般の方も利用できるギャラリー「しらたま」(有料)も併設。 【登録有形文化財「日本真珠会館」】 旧居留地の東南角に存在する日本真珠会館。現在も全国の真珠が神戸に集まり世界へと輸出され、“真珠の集散地”のシンボルとして歴史的な風格が漂う。 戦後間もない1952年に建てられ、地下1階・地上4階の鉄筋コンクリート造、設計は兵庫県営繕課の光安義光氏、施工は竹中工務店が担当した。 1995年の阪神・淡路大震災では館内の家具などは倒れたものの、ガラス1枚も割れず堅牢な建物であることが証明された。2003年にDOCOMOMO Japan「日本のモダン・ムーブメント100選」に選ばれ、2005年には登録有形文化財となった。 現在でも真珠関連の建物として真珠の入札会場などに使われており、1階の神戸パールミュージアムのみ無料で一般公開されている。

エリア:
TOP