須磨ごよみ 初秋

神戸市西部に位置する須磨区。風光明媚な土地の魅力を、
在住ライターが季節ごとにお伝えします。


新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい続ける中、「新しい生活様式」に則って過ごす日常は、なかなかストレスフルです。けれど、今しばらくは「ウィズコロナ」の生活。私たち一人ひとりが、免疫力を高めてウイルスに対抗していくほかありません!潮風薫る神戸・須磨から、おすすめヘルシースポットを紹介します。健康を極める、ある1日―。


AM9:45「ファンクショナルジム サンズ」でトレーニング

JR須磨駅から徒歩5分、国道2号沿いにある「ファンクショナルジム サンズ」は、一風変わったスポーツジムです。営業中は国道に面する間口12mほどのシャッターをフルオープン。外から中がぜーんぶ丸見え!という大胆な造りです。春先、一部スポーツジムで新型コロナのクラスター発生が報告されましたが、「うちは日本一換気のいいジム」と代表の大前拓さん。「国道と反対側の北側が空き地で、南北を開け放しているから換気効果は抜群。よく虫や鳥も迷い込んできますよ」と笑います。トレーニングに励む会員たちの背後を、コンテナトレーラーや市バス、消防車やパトカーがビュンビュン走っていきます。もちろん、国道との間には広い歩道があるので安全です。

DSC_1779.JPG
ほぼ外。これぞウィズコロナ時代のジム?
ジム内に虫捕り網を常備

今年8月でオープン2周年。須磨で生まれ育ち、今も須磨に暮らす大前さんは大学の体育講師です。専門は「スポーツ社会学」で、人がスポーツをしない一番の理由は「時間がないから」だと確信し、忙しい人でも無理なく運動を続けられる場と機会を提供しようと、地元須磨でジムを開きました。

フロアでは、曜日や時間帯ごとにさまざまなプログラムが実施されています。いずれも1コマ45分のグループレッスン。子どもの送迎の合間、出勤前などの隙間時間を利用して、予約なしで通えます。無酸素運動(筋トレ)と有酸素運動を組み合わせ、インターバルを挟みながら行う「サーキット・トレーニング」が中心。インターバルを挟むことで運動時間が長くなり、通常の筋トレよりも短時間で高い運動強度が得られるのが特徴です。
モニター画面で運動内容の動画が流れるので、初心者も安心。「外から見られるのが恥ずかしい」というアナタも大丈夫!45分間、人目を気にしている余裕は全く!ありません(^_^;)
月会費制(お得な回数券あり)ですが、1コマ900円でビジター利用できるので、まずは気軽にトライ!初回体験無料。


IMG_4920.JPG
代表の大前拓さん

ファンクショナルジム サンズ
神戸市須磨区須磨本町2-3-1-102
☎080-3788-1448
午前9時45分~(最終クラスは午後8時5分スタート)
日曜午後休


AM11:00「ノースショア須磨ヨットハーバー店」でブランチ

気持ちよく汗を流した後は、エネルギーをチャージ。海沿いの神戸市立須磨ヨットハーバーへ。同施設内の人気レストランを目指します。天気の良い日、須磨の海辺では沖を行くたくさんのヨットを見ることができます。須磨は瀬戸内海クルーズの重要拠点。陽光の中、青い海に映える白い帆が清々しく、その光景は、松田聖子の大ヒットソング「白いパラソル」の世界♪
同ハーバーはヨットやボートなどのマリンレジャー拠点として1960年に開設。2010年にクレーン、桟橋、防波堤などをリニューアル。より安心・快適な施設になりました。
そんな場所に18年夏、カフェ&ダイニング「ノースショア須磨ヨットハーバー店」が誕生しました。4階にある店は、木のナチュラルな雰囲気を生かした内装で、海に面する窓際の席からは大阪湾を一望できます。

DSC_2138.JPG
落ち着いた雰囲気の店内
オススメは新鮮野菜をたっぷり使ったヘルシーなサンドイッチです。スプラウトベジタブルエッグサンドイッチ(1,100円)をチョイス。フワフワの自家製生食パンの間にスプラウト、キャベツ、トマト、パプリカ、ニンジン、エッグサラダなどが何層にもびっしりと重ねられていて、まるで虹のよう。厚みは8cmほど、ちょっとした辞書ぐらいはありそうです。ずっしりと重いですが、シャキシャキ野菜の歯ごたえを楽しみながら、どんどん食べ進められます。全部食べれば、野菜の1日摂取目標量がクリアできるそうです。

DSC_2140.JPG
人気のサンドイッチ

プレートのランチメニューもあり、こちらに付く自家製パンは食べ放題。以前はビュッフェ形式でしたが、今は新型コロナウイルス予防対策でスタッフがテーブルまでカゴに入れて運んでくれます。

3階の展望デッキでも飲食可。週末はバーベキュー客でにぎわいますが、平日なら、テイクアウト飲食やペット同伴でゆったりと過ごせます。「ここでは波の音や、浜辺で遊ぶ人の声もBGMです」とレストランを委託運営する㈱プロジェクト・リンシエメの北原博之社長。海に船、空には飛行機―。時が経つのを忘れてしまう場所です。

DSC_2158.JPG
3階テラス席。海が目の前に迫り、クルーズ船にいるような錯覚に陥る

ノースショア須磨ヨットハーバー店
神戸市須磨区若宮町1-1-4
☎078-737-1222
午前11時~午後10時半(L.O.午後10時)
12月31日、1月1〜3日休
※価格は税込



PM0:30「小宇宙食堂」の点心をテイクアウト

満腹ではありますが、やはり3時のおやつは確保しておきたい!ということで、菅原道真公ゆかりの綱敷天満宮そばにある「小宇宙食堂」へ。本場仕込みの点心を、手頃な価格で購入できます。

店の主は、台湾出身の料理活動家・水墨画作家のリン・シエさん。国立台湾芸術大学を卒業後、10年前に留学生として来日しました。日本で結婚し、2児の母に。子育てに、料理に、画業に忙しい日々を送っています。「日本ではお母さんが日々の食事を作る家庭が多いですが、屋台が充実している台湾は外食が多いんですよ。多くの女性が仕事を持っているから」。その言葉に、かつて訪れた台湾夜市の熱気を思い出します。

DSC_1954.JPG
温かな笑顔が素敵なリン・シエさん

店は今年2月にオープン。以前は長田区に拠点を持ち、各地に出張して料理教室を開いていましたが、教室に加えてイートイン、点心・総菜販売、通信販売などをトータルに行えるアトリエを求めて須磨へ。台湾式食養生の店「小宇宙食堂」が新たな歴史を刻み始めました。
食養生とは「食べるものが体を調え、病までも治す」という考えのもと、食材を選び、食事を摂ることです。素材を吟味し、手間暇を惜しまず調理するのがポリシー。電子レンジや圧力鍋は一切使用しません。「料理を作り、好きな人たちと食卓を囲むとき、そこにぐるりとエネルギーが湧いて、小さな宇宙が生まれ出すのを感じます」とリンさん。それが店名の由来です。

DSC_1963.JPG
日曜限定の「台湾朝ごはん」(1,000円、お茶・お茶請け付き)
台湾料理は、油をたっぷりと使う他の中華料理とは異なり、水分が多く塩分を控えた素朴な味わい。疲れた胃腸にもやさしい料理です。日本の人たちに台湾料理をより身近に感じてもらえるよう、オンライン料理教室も開いています。

さて、お目当ての点心。天然酵母と国産小麦で作る皮は、独自の発酵法でもっちりとした食感です。焼黒豚まん、ターメリックの豚まんは各350円。生パイナップルケーキ、豆乳カスタードまんなど、子どもに大人気の甘い点心もあります。

DSC_9761.JPG
自家製点心。軽食にもおやつにも【☆】

毎月2回、新月・満月の日に合わせて届ける「食養生ごはん便 月ノ子」(1食分ミニサイズ3,800円)はオンラインストアで購入でき、全国発送可。丁寧に仕込まれたごはんものや主菜スープ、副菜、デザートなどを家庭で手軽に楽しめます。

DSC_1979.JPG
リンさん手描きのお皿

小宇宙食堂
神戸市須磨区須磨本町1-1-3
☎080- 5781-8805
午前11時~午後2時(イートイン、テイクアウト共に、電話予約があれば時間外利用の対応可)
不定休
※価格は税込



PM1:00「ミエルリー」ではちみつギフト選び

古刹・須磨寺に程近い住宅街の一角にある、はちみつ専門店「ミエルリー」。かわいいミツバチのロゴマークが目印です。はちみつは、言わずと知れた健康食材。ここのところお疲れぎみの友人と自分用にギフトを選びます。

長年はちみつ卸を手掛けてきた㈱ヤマイチ商会による唯一の小売店。卸事業では、海外や国内の養蜂家から原料はちみつを仕入れ、別の養蜂家に販売するという業務を行っています。以前は兵庫区に事務所がありましたが、手狭になったため須磨の住宅街に移ってきました。「会社の前に一斗缶を置いていると、近隣の方から『小売りはやらないの?』とよく聞かれたので、4年前に事務所併設の小売店をオープンしました」と白子精一社長。パワーフード・はちみつの魅力を広く一般の人に知ってもらう取り組みが始まりました。
店名はフランス語で「はちみつ屋さん」。店頭の棚には、世界中から集めた数十種類のはちみつがずらりと並んでいて壮観です。色は花の蜜によって異なり、軽やかな明るい金色からダークブラウンに近い色まで、ゴールドのグラデーションがとても美しいです。

DSC_2027.JPG
店内には種類豊富なはちみつが

国産はアカシア、レンゲが定番で、ほかにもトチ、リンゴ、サクラ、クリ、菩提樹、ソバといった専門店ならではの豊富な品揃え。希少性の高いニホンミツバチのハチミツもあります。輸入物はスペイン産のオレンジやローズマリー、ブラジル産のコーヒー、ベトナム産のライチなど。最高級はフランス産ラベンダー(110g入910円)です。
友人用にはちみつ4種が白い小箱に入った「ミニギフトセット」(1,200円)を、自分用にラベンダーはちみつを購入しました。ラベンダーはちみつを自家製ホットケーキにかけて食べてみると、いつもの味がワンランク、いやツーランクアップ、スリーランクアップ!上品な甘味の後、鼻から抜けるラベンダーの香りに癒されました。

小瓶で数種類揃えて食べ比べたり、何の花の蜜か当ててみる「利き蜜」をしたりしても楽しそう。ミツバチが一生かけて集める蜜の量はスプーン1杯程度とか。そう聞くと、ますますありがたい。ハチの働きに感謝しつつ、堪能してみてください。

DSC_2729.JPG
ギフトセット

ミエルリー
神戸市須磨区須磨本町2-1-30
☎078-731-3880
午前9時半~午後5時半
日・祝休
※価格は税込

[注] はちみつは1歳未満の乳児には与えないようにしてください


PM1:40「すぎな農園」で赤シソジュース「須磨の紫」を購入

活気あふれる商店街で知られる須磨区東部の板宿エリア。その一角に自然食レストラン「すぎな農園」があります。肉や乳製品、卵を一切使用せず、有機JAS認定野菜と特別栽培の玄米を使った体にやさしい自然食を提供しており、健康志向の強い女性を中心に人気の高いレストランです。

経営するのは大西裕介さん、資子たかこさん夫妻。裕介さんが西区神出町で仲間と栽培する有機野菜を資子さんが調理しています。自然食と聞くと、「物足りないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。主菜は魚や豆類、麩など肉以外のタンパク質。副菜には色とりどりの新鮮野菜を使った多彩な小鉢が付きます。有機味噌を使った味噌汁も絶品です。年配の常連客からは「昔の野菜の味がする」と評判。丁寧に真面目に栽培された野菜は、こんなにも歯ごたえが楽しく濃い味がするのだと気付かされます。肉・乳・卵を使っていなくても食べ応えは十分です。

DSC_2265.JPG
魚と車麩カツが主菜の「にぎわいランチ」は1,500円(税込、ドリンク付き)

そろそろランチタイム終了という時刻にやって来たのは、レストランでも提供している赤シソジュース「須磨の紫」(1本1,200円・税別)を買うため。神出町産有機栽培赤シソを100%使っています。
かつて地元で漬物店を経営していた裕介さん。「須磨の名物をつくろう」と、商店主仲間たちと赤シソジュース作りを始めることに。親交のあった同町の有機栽培農家・西馬正さん(故人)に原料生産面での協力を求めたところ、当初は良い返事がもらえませんでした。「虫が付きやすいシソは自然農法には不向き。でも、健康維持に役立てる商品なのだから有機無農薬は譲れませんでした」と裕介さん。自らも畑作業を手伝い、青虫を食べるバッタが好む水菜と隣り合わせに植えるなどの工夫を凝らして栽培を可能にしました。「有機栽培は10のうち7の収穫を目指し、2を虫に、1を堆肥に」というのが畑の師・西馬さんの教えだそうです。苦労の甲斐あって、原料シソの収穫量は年々増えています。

DSC_2269.JPG
須磨の紫 豆乳割り

収穫した赤シソは茎から葉だけを丁寧に摘み取り、きれいに洗って煮込みます。砂糖を加え、リンゴ酢を加えると、ルビーのような赤紫色に。5~10倍希釈で、爽やかな酸味がたまりません。
同レストランのほか、須磨区内の産直市場「ナナ・ファーム須磨」、東京・六本木や芦屋の高級スーパー、通販でも購入可。「炭酸水や紅茶、焼酎、ワイン、豆乳で割ってもおいしい。かき氷やヨーグルトにも合いますよ」とのこと。夏の疲れが出る時期、疲労回復にお試しを。


DSC_2259.JPG
すぎな農園の大西裕介さん

すぎな農園
神戸市須磨区前池町2-6-6
☎078-766-4170
午前11時~午後3時(カフェ利用のみも可)
不定休 




健康を極める須磨南部の1日、いかがでしたか?我慢を伴う生活はもうしばらく続きそうです。体にやさしいものを食べ、いい汗をかき、楽しみながら新しい自分に。やがて来る寒い季節を、健やかな心身で軽やかに乗り越えましょう!


【文・写真(☆印の写真は提供)】
藤本陽子(ライター):兵庫県出身。神戸新聞記者を経てフリーに。企業取材、インタビュー、街歩きルポなどを主に手掛ける。季刊BanCul(姫路市文化国際交流財団)編集委員。須磨で1児の子育て中。


新着記事
編集部おすすめ!最新トピックス

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」今年のみどころをレポート!

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」今年のみどころをレポート!

神戸が誇るアートフェスティバル、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」が開幕! 開放感あふれる六甲山の自然の中で、現代アートを楽しめるアー

更新日:2020年9月16日 08:50

須磨ごよみ 初秋

須磨ごよみ 初秋

神戸市西部に位置する須磨区。風光明媚な土地の魅力を、 在住ライターが季節ごとにお伝えします。 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい続け

更新日:2020年9月11日 20:36

「KOBE 観光スマートパスポート」でお得に神戸旅

「KOBE 観光スマートパスポート」でお得に神戸旅

2,000円で60施設を周遊できる!超お得な周遊パスが販売開始! ロープウェイも、クルーズも、観覧車も、動物園も、水族園も、ミュージアムも楽

更新日:2020年9月16日 14:19

検索キーワード
SEARCH KEYWORDS