「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」今年のみどころをレポート!

神戸が誇るアートフェスティバル、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」が開幕!

開放感あふれる六甲山の自然の中で、現代アートを楽しめるアートフェス「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2020」が9月12日(土)開幕しました。

11回目となる今年は、招待アーティストと公募によって選出された合計44組のアーティストが参加。
また今年度は、例年会場となっている六甲山上の各施設に加え、六甲山サイレンスリゾート、グランドホテル六甲スカイヴィラなどの新会場が追加。さらには六甲有馬ロープウェーでアクセスできる有馬温泉エリアにも作品が展示され、会場エリアが大幅に広くなりました。

スケールアップして、さらに楽しくなった今年の六甲ミーツ・アート。今年の会場の様子と見どころを、早速レポートしてお伝えします!

★P9114167.JPG
モデル:神戸の魅力を発信する親善大使「スマイル神戸」
左から、後藤南奈さん、吉田三莉さん、畑岡有咲さん。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2020」 開催概要

  • 会期/2020年9月12日(土)~11月23日(月・祝)
    ※休業日9月17日(木)、24日(木)
    ※六甲山サイレンスリゾートのみ右記日程休業 9月14日(月)、23日(水)、28日(月)、10月の毎週月曜

  • 開催時間/10:00~17:00
    ※会場により営業時間が異なります。17時以降も鑑賞できる作品があります

  • 会場/六甲山上の観光施設など12会場、サテライト会場:有馬温泉エリア、サテライト展示:JR 新神戸駅

  • 料金/6つの有料会場をお得に巡ることができる「鑑賞パスポート」:大人 2500円 / 小人 1000円
    ※大人(中学生以上)、小人(4歳から小学生) ※上記は当日パスポートの料金、税込表記
rokkomieets.jpg
「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」公式サイト
WEBチケット購入などはこちら!

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2020」会場までのアクセス

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2020」の会場となるのは、六甲山上の複数の観光施設。
六甲山上へは「六甲ケーブル」でアクセスします。JR、阪急、阪神の最寄り駅から、神戸市バスで「六甲ケーブル下駅」へ移動し、ケーブルカーに乗り換えて「六甲山上駅」を目指します。

bus.png
出展:神戸・六甲山公式おでかけサイト 交通アクセス

鑑賞パスポートと、六甲ケーブル往復と六甲山上バス乗り放題がセットになったお得なパスポートもWEB限定で購入可能。有馬温泉へは行かずに、同じ六甲ケーブル側へ戻ってくる場合にはこちらのセット券がオススメです。


「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2020」会場について

会場となるのは六甲山上の観光施設など12会場で、下のマップのように点在しています。
六甲山上の各会場間の移動には、1時間に約3本のペースで運行している「六甲山上バス」を利用すればスムーズです。時間と体力に余裕のある方は、六甲山の開放的な眺望と爽やかな空気を感じて、ハイキングをしながら巡ってみるのも気持ちが良いですよ。

六甲ガーデンテラスを中心に、六甲オルゴールミュージアム、天覧台など各場所にレストランやカフェが存在するので、アート鑑賞や散策の合間で途中休憩をはさみながら、1日中山上で滞在することができます。

entiremap.jpg
出展:会場案内 | 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020
※六甲山上は市街地よりも5度ほど気温が低いので、時期や天候によっては羽織ものやジャケットを持参するのがおすすめです。また、山の天気は変わりやすいので雨具も必携!


「六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2020」に行ってみよう!

まずは、会場となる六甲山上に向かいます。今回は六甲山の南側からのアクセス。
「六甲ケーブル」に乗って六甲山麓駅から六甲山上駅へ向かいます。

e20_web - コピー.jpg
六甲ケーブルで山上まで約10分。標高が上がるにつれて気温が下がり、澄んだ空気になってくる。
★P9114054.JPG
六甲山上駅の構内。ここにもアート作品が数多く展示されており出迎えてくれる。

鑑賞パスポートは、事前にWEB購入することはもちろん、六甲山上駅の構内のインフォメーションでも購入することができます。

★P9114043.JPG
六甲山上駅の構内のインフォメーションセンターにはチケットのほか、お土産やパンフレットもそろっている。

チケットを購入したあとは、六甲山上を巡回する「六甲山上バス」に乗って会場を巡ります。まずは、新しく会場に加わった「六甲山サイレンスリゾート」へ。

e31_web - コピー.jpg
六甲山上バスは1時間に3本のペースで運行されているので便利。
「六甲山サイレンスリゾート」

「六甲山サイレンスリゾート」は1929年に開業し、2007年には「近代産業遺産」にも登録された旧六甲山ホテルを継承して、2019年7月にオープンした施設。

★P9114033.JPG
雰囲気のいい建物の六甲山サイレンスリゾート

館内には4アーティストの作品が展示されています。木の温かみを感じさせつつも重厚感のある建築はアートギャラリーとして、展示されている作品の魅力をさらに引き立てます。

★P9114009.JPG
中村 萌 氏の作品。やさしく、ほんわかとした表情が可愛い木彫りのキャラクター。彫刻の跡に作者の息吹を感じる。
★P9114018.JPG
金属を叩いて成形する「鍛金」の技法を駆使した 内田 望 氏の作品。サイの作品は迫力があって、廊下の向こうから突進してきそう。
「六甲オルゴールミュージアム」

続いて、六甲オルゴールミュージアムへ移動。古今東西の貴重なオルゴールが展示されている館内と、中庭の池を囲むように作品が展示されています。

★P9113924.JPG
なでると音が流れる鳥の彫刻作品は、MATHRAX(久世祥三+坂本茉里子)作。自然でやさしい音色と、触れる木のぬくもりは、六甲オルゴールミュージアムという場にふさわしい作品。
★P9113932.JPG
SF的な未来感があってちょっと怖いCLEMOMOの作品。覗いてみると、、、
★P9113958.JPG
万華鏡みたいな世界が広がっていて、こんなショットも撮れる!
★P9113965.JPG
林 和音 氏の作品は大きな昆虫の巣のような造形。明らかな人工物なのに、素材のせいなのか、どこか自然で風景になじんでいるような感じがする。
「六甲高山植物園」

次の会場である六甲高山植物園は、六甲オルゴールミュージアムと隣接しており、小径をつたって徒歩で移動が可能です。

★P9113995.JPG
小径を覆うように展示される土井 満治 氏の作品。異空間へ誘われるような不思議な感覚に。

六甲高山植物園はスイスの高山植物園をモチーフとした多種多様な植生が楽しめる植物園ですが、六甲ミーツ・アートの期間中は、そこに突如として現代アートが出現。

★P9114234.JPG
谷澤 紗和子×藤野 可織 氏の作品。森の妖精なのか、お化けなのか、怖いけど見ようによっては可愛い作品。でも、顔の横に書かれたフォントがおどろおどろしくて、夜に見るとびっくりしそう。
「風の教会」

再び六甲山上バスに乗って、風の教会へ向かいます。
風の教会は建築家の安藤忠雄氏設計で1986年に建てられたチャペル。普段は入ることができない貴重で素晴らしい建築ですが、六甲ミーツ・アートの期間中は入場が可能で、さらにその特殊な空間に合わせたアートが展示され、毎年必見のスポットです。

★P9114095.JPG
風の教会内に置かれた山城 大督 氏の作品。真ん中にぽつんと置かれた作品だが、表面には六甲山の自然をイメージさせる映像が流れ、神聖な教会の空間美も相まって、無限に広がる世界と、季節の繰り返しを感じることができる。
「グランドホテル六甲スカイヴィラ」

今年新たに会場に加わったグランドホテル六甲スカイヴィラ迎賓館へは、風の教会から徒歩で移動可能。

★P9114077.JPG
10年あまり閉ざされていたホテルの建物を全館使ってアートを展示。

30名あまりのアーティストが集結し、建物の1~5階の空間を活用。ホテルの部屋ごとにアーティストが作品を展開し、廊下を歩いて、部屋をのぞいて、自分の感性にビビッとくるアーティストの部屋に踏み込むという楽しみ方が新鮮です。

★P9114065.JPG
浅山 美由紀 氏のアートが展開される部屋。赤の造形は六甲の森の生命を表象しており、それが部屋に忍び込んでくるという作品で、期間中どんどん赤い展示が増えてくるんだそう。
★P9114067.JPG
階段にもアート作品があって、目が離せない!
「六甲山カンツリーハウス」

次は、六甲山カンツリーハウスへ移動。冬はスキー場、夏はアスレチックフィールドとして利用される広い芝生を活用した展示がされています。

★P9113878.JPG
芝生の斜面一面に広がるTシャツに六甲山の風景を描いた、大阪府立天王寺高等学校美術部の作品。色のコントラストも綺麗で、風でなびく様子が爽やか!
★P9113908.JPG
早崎 真奈美氏のインスタレーション。紙をナイフでカットした造形が空中に浮遊していて、見る角度や光の当たり方によって、表情を変える。
「六甲ガーデンテラス・六甲枝垂れ」

いよいよメイン会場である六甲ガーデンテラスへ。
ここには今年のメインビジュアル作品が展示されているほか、カフェレストラン「グラニットカフェ」やイベントのオフィシャルアートショップ「ホルティ」などがあって、食事やショッピングを楽しむことができます。

★P9114144.JPG
メインビジュアルでもある史枝 氏の作品。展望台六甲枝垂れと、青い空、緑の自然を背景に、真っ赤な旗がフォトジェニックで、記念撮影にもピッタリ。
★P9114198.JPG
灰野 ゆう 氏の作品。アメフラシをモチーフとした作品で、つるっとした質感がリアル。ショッキングピンクのカラーが自然の中で圧倒的なインパクトを放つ。
★P9114170.JPG
フォトスポット「#Rokko」モニュメントもミーツ・アート仕様に。
六甲有馬ロープウェー「六甲山頂駅」

六甲ガーデンテラスで食事をすませ、徒歩で六甲有馬ロープウェーの六甲山頂駅へ。今年度より新たにミーツ・アートの会場となった、「有馬温泉」エリアへ向かうため、ロープウェーに乗って山を下ります。

★P9114215.JPG
六甲山頂駅にもアート作品が! 竹内 みか 氏の作品は遊園地の遊具や着ぐるみを使った展示。ファンタジー感がありつつも、どこかセンチメンタルな気分になる不思議な世界感。
IMG_2989.JPG
六甲有馬ロープウェーのゴンドラは2020年3月にリニューアルされたばかり。スイス製の最新鋭のゴンドラはガラス面が広くとられて、ダイナミックな眺望を満喫できる。
★P9114261.JPG
有馬温泉駅に到着。駅を出ると早速 松本 かなこ 氏のチョークアート作品が出迎えてくれる。
「有馬温泉」エリア

ロープウェーの有馬温泉駅からマップを見ながら徒歩で有馬温泉街を目指します。アートを巡るというのが目的ですが、温泉街の売店のスナックも気になってしまいます。

P9114240.JPG
苔むした、風情のある小径を進むと、、、
★P9114252.JPG
木村 剛士 氏の作品を発見!テニスコートに「浸かって」いる人を表現しており、有馬温泉という土地の文脈と、テニスコートという環境をうまく活かした大きな作品。
★P9114322.JPG
太閤橋付近の水辺にも 松本 かなこ 氏のチョークアート作品が。
★P9114313.JPG
有馬温泉街まで来たらアートだけでなく、街歩きや食べ歩きも楽しめる。そのまま温泉へ入ってゆっくりするのも◎。

いかがでしたでしょうか?

有馬温泉も加わり、例年より一段とエリアが広くなった今年の「六甲ミーツ・アート」。
今回のように、有馬温泉側に抜けて、アートを見た後は、温泉に入って帰る、という素敵な楽しみ方もできるようになりました!

今年の会期は、2020年9月12日(土)~11月23日(月・祝)と、約3か月の長期間にわたって開催されます。秋のお出かけに、六甲山の開放的な自然環境の中での芸術散歩を、是非ご検討ください。


「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」公式サイト
WEBチケット購入などはこちら!



【文・写真】神戸観光局 観光部


新着記事
編集部おすすめ!最新トピックス

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」今年のみどころをレポート!

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」今年のみどころをレポート!

神戸が誇るアートフェスティバル、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」が開幕! 開放感あふれる六甲山の自然の中で、現代アートを楽しめるアー

更新日:2020年9月16日 08:50

須磨ごよみ 初秋

須磨ごよみ 初秋

神戸市西部に位置する須磨区。風光明媚な土地の魅力を、 在住ライターが季節ごとにお伝えします。 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい続け

更新日:2020年9月11日 20:36

2,000円で60施設を周遊できる!「KOBE 観光スマートパスポート」でお得に神戸旅

2,000円で60施設を周遊できる!「KOBE 観光スマートパスポート」でお得に神戸旅

ロープウェイも、クルーズも、観覧車も、動物園も、水族園も、ミュージアムも楽しめて、 1日たったの2,000円。 そんなテーマパークがあれば

更新日:2020年9月 7日 17:16

検索キーワード
SEARCH KEYWORDS