今、有馬温泉は夜までアツい!紅葉と温泉とアートとグルメ旅

※2020年度の「有馬アートナイト」は11月23日に閉幕いたしました。

秋の醍醐味を満喫できる有馬温泉

「秋」に体験したいこと。美しい紅葉に、感性に訴えかけるアート、冷えた身体にしみいる温泉。
神戸市街地から約30分、関西を代表する温泉地である有馬温泉は、これらの秋にしたいことを同時に味わうことができる、この秋おすすめのお出かけスポットです。
ホテルや旅館に泊まってゆったりはもちろん、日帰りでも満喫できる、今年の有馬温泉の秋の楽しみ方をレポートします。


秋色に染まる有馬温泉街

有馬温泉へは、神戸三宮から電車で約30分、大阪からバスで約60分と好アクセス。日本三古湯で、日本三名泉とも称される日本屈指の名湯が、神戸や大阪といった大都市から、思い立ったらすぐに訪れることができる場所にあるというのは、他の大都市にはない魅力です。
有馬温泉街は六甲山の中腹にあるため、神戸の市街地に比べて気温が低く、紅葉の見ごろの時期は少し早め。例年11月上旬から色づき始め、中旬に見頃を迎えます。

arima1.jpg
有馬温泉街の入り口、有馬川にかかる「太閤橋」。橋のたもとのモミジが温泉街に秋の訪れを告げます。
arima2.jpg
観光案内所やバスターミナル前にある「善福寺」の山門の上にも真っ赤なモミジがこんもりと。
【関連記事】「旅路も楽しむ!有馬温泉へのアクセス」

豊臣秀吉も絶賛した紅葉スポット「瑞宝寺公園」

秋に有馬温泉を訪れたなら絶対に外せないのが「瑞宝寺公園」の紅葉。有馬温泉街から徒歩で約15分ほど、坂道を上るように進み、住宅街を抜けると赤黄色の木々が繁る公園が見えてきます。
有馬温泉を愛し、何度も訪れた豊臣秀吉が「いくら見ていても飽きない」、と言ったことから「日暮(ひぐらし)の庭」とも称される関西屈指の紅葉の名所で、園内には、秀吉が愛用したといわれる石の碁盤や、伏見城から移築した旧瑞宝寺の山門があり、歴史浪漫を感じることもできます。

syuuzenzikouyou4.jpg
赤色、黄色、橙色のグラデーションが見事な園内の紅葉
syuuzenzikouyou2.jpg
紅葉の時期のみオープンする「もみじ茶屋」では、美しい紅葉を鑑賞しながら食事や喫茶を楽しめる。

瑞宝寺公園
神戸市北区有馬町


暮れなずむ温泉街をアートの光が彩る

「瑞宝寺公園」の紅葉に夢中になっていたら、すっかり陽が落ちて、温泉街に明かりが灯り始めました。

arima5.JPG
温泉街のメインストリート「湯本坂」のレトロな街並みは夜になるとジオラマのよう。
日没後、温泉街を歩いていると、家屋の向こう、路地の向こうから、なにやら赤紫の妖しげな光が漏れてきます。
PB126608.JPG
路地の奥が真っ赤に照らされている??

実はこの光の正体は、温泉の噴出口である「泉源」のライトアップ!現在、有馬温泉街では「有馬アートナイト 〜質量からの旅の追憶〜」として、アートフェスティバルを開催中です。※11月23日(月)まで
期間中、有馬温泉の「泉源」各所が、2人の美術作家による色彩と光のインスタレーション作品としてライトアップされています。夜の暗闇の中に、泉源の構造物や湯けむりが、鮮やかな色彩でライトアップされ浮かび上がる様子はとても幻想的。温泉街の夜の散策がさらに楽しくなります。

PB126563.JPG
真っ赤に照らされた「御所泉源」は、湯けむりがスモークの役割を果たして、戦車のような迫力。
PB126551.JPG
宵闇の中でライトアップさえる「妬(うわなり)泉源」

泉源のライトアップの他にも、各所でスマホの専用アプリで見られるARを活用したアート作品も用意されていて、リアルとバーチャルを混ぜ合わせた新鮮なアート体験をすることができます。

PB126528.JPG
神社の境内にある「天神泉源」。鳥居越しに見える湯けむりはフォトジェニックな光景。
PB126546.JPG
「天神泉源」横にはARアート作品スポットが。泉源の上空に星が広がるロマンチックな仮想現実が楽しめる。
arimaart.PNG

有馬アートナイト 〜質量からの旅の追憶〜
開催日時:2020年10月17日(土)~11月23日(月)17:00~22:30
開催場所:有馬温泉市街地各所


遅い時間帯が狙い目?「金の湯」「銀の湯」で名湯にゆったり浸る

肌寒い秋の温泉街。歩きながら紅葉やアートを鑑賞して、すっかり身体が冷えてしまっても、そこは天下の有馬温泉なのでご安心を。温泉街には日帰りで気軽に入浴できる「金の湯」と「銀の湯」という外湯が2つあり、それぞれで有馬温泉を象徴する湯である「金泉」と「銀泉」に浸かることができます。
意外と知られていないのが、それぞれ夜間まで営業していること。銀の湯は午後9時、金の湯は午後10時まで営業しています。日中は多くの観光客やハイキング客でにぎわう両温泉ですが、夜の時間帯は比較的空いているので、湯舟でゆったりとリラックスできるのが魅力です。

PB126575.JPG
湯本坂を登り始めたところにある「金の湯」。建物横には無料の足湯も。
kinsen.jpg
44度のあつ湯と、42のぬる湯のみというシンプルな浴場。金泉は海水よりも塩分濃度が濃く、身体を芯から温めて、湯冷めしにくのが特徴。ただし温泉成分が強烈なので、いくら気持ちよくても長湯は厳禁!
PB126619.JPG
しっとりとした外観の「銀の湯」の建物。
ginsen.jpg
トロリと濃厚な金泉に対し、銀泉はサラサラとマイルドな湯ざわり。

金の湯
営業時間:午前8時~午後10時(最終入館は午後9時30分まで)
定休日:第2火曜日・第4火曜日(祝日営業、翌日休)及び1月1日
大人(中学生以上):650円
小人(小学生):340円
2館券(金の湯・銀の湯):850円

銀の湯
営業時間:午前9時~午後9時(入館は午後8時30分まで)
定休日: 第1・第3火曜日(祝日営業 翌日休)及び 1月1日
大人(中学生以上):550円
小人(小学生):290円


お店から漏れる明かりを手がかりに、美味しいグルメとお酒を訪ねて。

有馬温泉街の夜。お土産物屋のシャッターがしまり、活気ある日中とは違った静かでしっとりとした雰囲気に包まれます。通りを歩けば、営業を続けている飲食店や居酒屋の明かりがちらほらと。

PB126591.JPG
湯本坂を照らすお好み焼き「一休」の赤ちょうちん。月曜定休で夜8時まで営業。

肌寒い秋の夜に食べたいのは、やはり温かい食事。そこでオススメなのが芦屋に本店を構える、人気のお蕎麦屋さん「蕎麦 土山人 有馬店」。看板メニューは写真映えもしそうな「すだち蕎麦」です。

PB126664.JPG
びっしりとすだちの輪切りが敷き詰められた「すだち蕎麦」。すだちの酸味&香りが染み出した出汁が、身体に染み入る美味しさ。1,500円。
PB126659.JPG

蕎麦 土山人 有馬店
住所:神戸市北区有馬町1056
神戸電鉄 有馬温泉駅より徒歩7分
営業時間:11:00~15:00/17:00~20:00(20:00L.O.)
定休日:水曜日


温泉に入って、美味しいご飯も食べると、ちょっと一杯も行きたくなる。
そんなときにオススメなのが、有馬温泉街で遅くまで営業しているお店「GRIDDLE ME LOCAL」と「BAR STILL」。場所はライトアップされている「妬(うわなり)泉源」の真横です。

PB126713.JPG
テラス席もあるお洒落な店舗。1階が「GRIDDLE ME LOCAL」、2階が「BAR STILL」。
PB126676.JPG
有馬温泉のご当地ビール「有馬ビール」と、神戸ポークベーコンと有馬山椒のおつまみセット。1,200円。
PB126687.JPG
2階のバー「BAR STILL」は24時まで営業。ゲストハウスも経営するオーナーは、元大手酒類メーカー勤務で、こだわりのウイスキーがずらりと揃う。
PB126696.JPG
氷を入れない神戸スタイルのハイボール、「神戸ハイボール」でしっぽりと。

GRIDDLE ME LOCAL
神戸市北区有馬町1020-1A
営業時間:11:00~21:00
定休日:火

BAR STILL
GRIDDLE ME LOCALの2階
営業時間:20:00~24:00 (23:30 L.O)
定休日:火、水


泊りでも日帰りでも、夜まで楽しめる有馬温泉の秋

有馬温泉から神戸三宮の終電は意外と遅く、23時を過ぎて出発しても間に合います。有馬温泉に宿泊していても、神戸市街地に宿泊していても、夜遅くまでゆったりと、有馬温泉の夜を満喫することができます。

PB126650.JPG
昼とは違って、しっとりとした雰囲気の太閤橋。
PB126741.JPG
夜の有馬温泉駅。真っ暗の山の中を越えて、三宮の街まで電車にゆられて30分で帰ることができる。

今回ご紹介したように、有馬温泉で、「温泉」「紅葉」、「アート」をまとめて体験できるのは、今の時期ならではの楽しみ方。今週末、ふらりと有馬温泉へ小旅行を計画してみてはいかがでしょうか?


【有馬温泉のおすすめホテル&旅館の予約はこちら】
神戸観光局厳選 トラベルコ宿泊予約比較サイト



【文・写真】神戸観光局 観光部


新着記事
編集部おすすめ!最新トピックス

ノスタルジックな洋館カフェで、神戸ならではのティータイムを!

ノスタルジックな洋館カフェで、神戸ならではのティータイムを!

神戸港開港以来、洋館が立ち並びハイカラな街と親しまれてきた神戸。開港とともに海の向こうからやってき

更新日:2020年11月25日 11:24

今、有馬温泉は夜までアツい!紅葉と温泉とアートとグルメ旅

今、有馬温泉は夜までアツい!紅葉と温泉とアートとグルメ旅

※2020年度の「有馬アートナイト」は11月23日に閉幕いたしました。 秋の醍醐味を満喫できる有馬温

更新日:2020年11月24日 18:41

知ればもっと楽しめる!『六甲ミーツ・アート 芸術散歩』の過去と向かう未来

知ればもっと楽しめる!『六甲ミーツ・アート 芸術散歩』の過去と向かう未来

※2020年度の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は11月23日に閉幕いたしました。 進化しつづけるア

更新日:2020年11月24日 16:59

検索キーワード
SEARCH KEYWORDS